2013年09月22日

ジャスの大腸炎、その後

9/2(月)に初めて獣医にかかり、大腸炎と診断されたジャスミン。

9/6(金)に途中経過を記しています

9/9(月)に再診、薬で大腸の炎症は抑えられている、形のあるウンチは薬によるものではなくジャスミンの体が作り出していることが分かりました。検便は異常なし。体重は25.6kg、一週間で1kg増えました。

これで治った!と言い切れるものではないとのことで、薬は更に2週間続けます。
正直、抗生剤を3週間も服用させて良いの?という疑問というか不満というか、素直に納得できない世話係。反面、薬が炎症を抑えている間は下痢に怯える心配はない、その間に食べさせて少しでも体を作りたいという思いもあり。。。わんさんと相談し、処方されたとおりあと2週間続けることにしました。


その後どんな様子かというと、

本日現在、大腸炎?何のこと?と思えるくらい快調です。
・食餌はバンサーと同じもの、ほぼ生食生活
・トイレのタイミングもバンサーと同じ。夜から朝までグルッと12時間は余裕で過ごせる。
・ウンチも優秀なKickable!

一方で課題は、
・食糞(他犬)癖がある、木切れを食べる
・ウンチの量、回数が多く、臭いが気になる(バンサーとの対比)


では、そもそも大腸炎はなぜ引き起こされているのか、その原因は何なのか。
これを知るためには麻酔なし、麻酔ありで幾つかの検査が必要で、全てこなすと20万円を超える。この検査をするのかどうか、これから考えなければならない。(頭は拒否中)


ジャスの体調を一喜一憂しながら毎日観察するうち、新たに気づいたこともある。ドッグフードのこと、生食のこと、おやつやりのこと、食糞癖のこと、早食いのこと…。これらについては、また別記事に記載したいと思います。

とりあえずジャスは元気。食べても一杯出す、アメ車くらい燃費悪いけどね。

2013-09-20 10.54.24.jpg お友達犬
大小2連結。ジャスは怖がりな小っちゃいほうを追い回す。悪いやっちゃ。




posted by みぃ at 16:47| 愛知 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
抗生剤をさらに2週間飲むというのは人間ではあまりないことなので、躊躇しますよね…。
いちの時もかなり悩みましたが、状態を考えると飲むしかないかな…と思いました。
でもジャスミンちゃんは絶好調ならこの絶好ちゃうの時期に色々試してみるのもいいかもしれませんね♪
これで治る訳ではないけれど、調子のいい日が薬なしでも続いてくれたら、ラッキーですね^^
Posted by いちかあちゃん at 2013年09月24日 13:19
いちかあちゃん、
そう、いとも簡単に2週間追加されたので抵抗感は強いです。しかし…うーん…だったらどうする…って悶々とするしかなく。結局、だったらその間に体を作ってやる、薬知らずにしてやる!って、見えない敵と一人で闘ってます。
Posted by 世話係 at 2013年09月24日 13:45
こんにちは。はじめまして。

愛犬(ジャックラッセルテリア・メス・5歳)が血便(ゼリー状)をして心配しており、ネットで色々調べておりこちらのサイトにたどり着きました。

6ヶ月程前からですが、1kg程痩せ、嘔吐、シッポも垂れ、血便(ゼリー状)をする様になりました。

病院にてCTなど一通りの検査をした所、腸が通常の2〜3倍に腫れており、結局原因も分からずで、抗生物質などの投薬治療を施し、通院して治療しておりました。

治療し出してすぐに症状は改善され、一定の数値も改善し、体重も半分ほど戻ってきました。
しかし、薬をやめてしばらくすると、また同じ様な症状が出てきて、血便(ゼリー状)をし、元気も無かったりの時があり、そんな事を繰り返し、今また2日に1回、投薬をしております。

恐らく色々出る症状から見て大腸炎かと思います。
改善した事例や最近のお話も無く、対処の仕方がわかりません。
投薬を続ける事にも抵抗もありますし。

2013年のジャスミンちゃんの記事を拝見し、食事などの処方で、
完治した様ですが、その後は全く出ていませんか?

こちらは最近、かかりつけの医者の助言も有り、小さい頃からのドライフード(オリジンアダルト)を与えておりましたが、腸への負担軽減から缶詰(ナチュラルハーベストorNUTRIPE)に変えようとしています。

些細な事で良いのでご教授頂ければ幸いです。
Posted by いとう at 2015年06月08日 18:16
いとう様、
コメントありがとうございます。半年前からの症状、血便、腸の腫れ、などを考えると慢性化していると思われます。心配ですね。
ジャスはあれ以来、元気すぎるほど元気です。完全生食生活で大腸炎の症状は一切出ておりません。ただし、市販品の真っ赤なジャーキーをいただいた時はシャーシャーになりました。http://bangsar.seesaa.net/article/415362710.html
このことから、我が家の2匹に関してはいわゆる「ペットフード」はNGであるとはっきり分かりました。
私の経験から申しますと、抗生剤の投薬治療は一時的に症状を抑えるのみで、原因を根治するものではないと考えます。
食べても体重が減るというのは小腸が栄養を吸収できていない、軟便・粘液便などは大腸で水分量がコントロールできていない状態です。
CTまで取られて原因が不明であれば、食餌内容を再考されることをお勧めいたします。長くなりますので続きはメールにて連絡させていただきます。少しでもお役に立てれば良いのですが。
Posted by 世話係 at 2015年06月08日 19:08
いとう様、
その後、ワンちゃんの様子はいかがでしょうか?
6月9日にヤフーよりメールさせていただきました。ご確認ください。
Posted by 世話係 at 2015年06月30日 20:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。