2014年12月14日

バンサーの異変(2)

12月13日

異常な動きの二晩が過ぎ、散歩はいつも通り出かけ、夕方もう一度獣医さんで診察。今日は落ち着いている。

昨日も一本打ったけど抗生剤の注射を今日もしましょうと。断りました。
昨日も納得いかなかったけどさ、原因が分からないものに対してどうして抗生剤? この質問に対する答えは、何かの異常があるからそれに対する予防、注射を打ったから今日は落ち着いているんだろう。
??? 予防すべきものは抗生剤が効くものなのか?精神的な異常であっても?脳の異常であっても?
お断りします。


食餌もいつも通りジャスのものを奪うこともなく夜。さすがに疲れてぐっすり寝る。

あぁ、このまま何事もなく過ぎますように。でなきゃ20万円コースの検査だよ。お金の問題だけじゃなく、全身麻酔を必要とする検査はさせたくない。


夜11時過ぎ、また動き始める。
夜中に一回吐き、庭の草は根こそぎ引っこ抜かれた。胃腸に何かが詰まっているのか?昨日は一度もウンチをしなかった。だとしたらやっぱり検査?
夜中1時半、また動き始めた。



12月14日 日曜日
今日も様子がおかしければ、MRI、CTは明日月曜の予約を入れなければならない。
今日はトイレも出た。15時過ぎだけど遅い朝ごはんも食べた。至って普通。ジャスも普段通りバンの近くに寄るから「正常」と認めたんだろう。

結局、MRI、CTはやめておきますと獣医さんに連絡を入れた。


この3日間の騒ぎは何だったのか、原因は分からないまま。
何時のことだったかもう分からないけど、夜中に庭に出したらおしっこをした。いつもは絶対しないのに。だけど、それが3分ほども続く異常に長いものだった。その後の散歩でも数回、うそでしょ?と思うほど長く続くおしっこをしていた。

色々と思い返して私が考えたのは、あれは膀胱炎だったのではないかということ。

ここに引っ越して以来、バンサーには庭で排便させるように夜散歩は行かなくなった。その代り何度も何度も夜中でも庭に出すのだけれど、彼は頑として自分のテリトリーを汚すことを拒否している。
引っ越して既に一か月。排尿を我慢し続けたことが今回の症状につながったのでは?と推測。

これまで庭で一度も排尿をしなかったかと言えば、そうでもない。
けれど、それは何かのキッカケがあった時のみで、通常は生理現象よりも精神力が優ってしまっている。
ジャスが庭でトイレをする。それを褒める。それをバンサーに見せる。バンサーは非常に迷惑そうな顔をして「家を汚すなよ、チッ」とばかりにそそくさと部屋に戻ってしまう。

これまでバンには何度かトイレトレーニングを試みたけれど、そのたびに彼は限界まで我慢し(最長3日間)外で自分のタイミングで出来ないことにパニックになってしまう。どうしたもんかな…。
今のところ私の脳内の策は尽きた。また無い頭を絞らねば。


 おまけ




posted by みぃ at 09:00| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。