2015年11月30日

署名にご協力お願いします!

いつも行く緑地公園に恐竜パークが建設されていようとしています。
いつ持ち上がった計画なのか、目的は何なのか、そういったアナウンスはないまま「来夏オープン」と発表されましたが。。。

2015-11-10 12.14.34.jpg この山の向こうに…

概要はこちら:
恐竜アトラクション『ディノアドベンチャーライド名古屋』大高緑地に2016年7月オープン予定 / 名古屋情報通
大高緑地における民間活力を活用した新たな公園施設について / 愛知県HP


私はこの計画には以下の点から反対の立場です。

・住宅開発が続き緑がどんどん減少している名古屋市内において、大高緑地は貴重な緑(コンクリートとアスファルトばかりで名古屋はどんどんヒートアイランドになっとる)。どうしても作りたいなら愛知県は他の場所を探すべき。

・アトラクションの建設は半年で出来るが、一度壊した自然は一年二年では戻らない。

・園内には全くパッとしない「交通公園」と廃墟になっている「プール」があり、自然が残る山を切り崩すなら、まずこの2つから手を付けるべき。恐竜パークが失敗に終わったらまた廃墟が増えるのみ。失敗したら誰が責任を取るのか?

・「より多くの方に利用していただけるよう」にしたいなら、恒久的に広い層に支持される施設であるべき。時代に取り残された週末しか開店しない売店をカフェにするなど方法はあるはず。アトラクションの利用料¥1300(大人)、¥900(子供)は高すぎるでしょ。

・テーマパークなら刈谷ハイウェイオアシス、長島スパーランドが近くにあり、市内のしかも住宅地の真ん中に作る必要はない。同様のアトラクションは岐阜の郡上にあり、名古屋から1時間半足らずで行ける。

・公園付近は現在でも週末にはイオン渋滞が起きる道路状況。周辺住民にしてみたら日常生活に支障が起きるのは必至。

・少子高齢化で、特に年金生活者の支出は厳しくなっている今、お金をかけず心身ともに健康的に過ごせる「人工物の無い」公園はこの先重要な空間となる。小さな子供の成長にとっても同様。未だに遊ばせてもらう施設をありがたく思うのはとても先進国の発想とは思えない。

・お金をかけけずに活性化させる知恵は無いんかい、県庁!(喝!)もっと広く公募しろよ!


他にも言いたいことは色々あります。
周辺地域に全く周知なく計画が進められているのはなぜなのか、応募業者は事実上一社だけだったらしいとか、現在の公園管理所長が定年前だか移動前で実績を残したいばかりだとか… まぁ、この辺は裏話、裏事情的なことなので止めておきますが。


署名にご協力をお願いいたします!

今現在、小さなお子さんを育てるママさんたちを中心に大高緑地を愛する会が結成され、恐竜パーク建設見直しに向け活動されています。(頭が下がります)

計画見直しを求める署名の第一弾は既に提出されました。予定では着工は12月。このままでは県は神妙な顔で署名を受け取るだけ受け取って時間をやり過ごし、時が来たらさっさと計画通りに工事を始めるでしょう。7000筆の署名では大して騒ぎにもしないと思います。

署名はまだ続いています。第2弾の締め切りは11月30日(月)です。
こんな施設要る?と少しでもお考えの方がいらっしゃいましたら、是非署名にご協力ください。まずは着工を一旦ストップさせ、本当に必要なものなのか、他に出来ることは無いのかを議論する時間が必要です。

ダウンロード用署名用紙
↑↑↑ ご署名の上、代表者さんあて送付をお願いいたします┏【●_ _】┓


参考:
「住みよさランキング2015」トップ50 トップ3は印西(千葉)長久手(愛知)能美(石川)
長久手は名古屋のベッドタウンとしての利便性に加え、市民一人当たりの公園面積が群を抜いて広いんだとか。環境の良さは住みやすさ。


2015-11-08 17.24.52.jpg 16:30の公園


タグ:散歩
posted by みぃ at 19:28| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/429594419
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。